PCあれこれ

XP機もLinuxに-1 05/28/2018

 つい先日XP機のリニューアルが完成したばかりです。使い心地はまずまずですが、やはりサポートされていないOSを使用することに不安があります。一応、King SoftのAntivuris Softをインストールしているのですが、その隙間を狙って不審者が侵入することも考えられます。

 そこで、このXP機もLinuxにしてみることにしました。なにせCPUが化石、軽い軽いLinuxに決めました。

□ Puppy_Precise 5.5JP をインストール

 isoファイルはCDに入ります。設定後の容量は0.7GB程度でした。このOSは、ハードディスクにインストールする必要がないLive CDとして、全てCDから起動させることが可能となっています。したがってXPをそのままにして使用することもできます。またHDDにインストールしてXPと両立させることも可能です。私の場合は、XPは削除してPuppyのみとしました。

 Puppy_Precise 5.5JP のリリースは2013年、最新バージョンは 6.3.2 になっています。


メニュー画面、Windowsは入れていないが表示だけされます。


 起動画面、いろいろなアイコンが並んでいる。こういった表示は好きではないので今後整理をしていくつもりです。赤枠内のようにFDDやHDD、USBなどのディスクのアイコンも表示されます。これはとても便利と思いました。


 該当のディレクトリーを開いておいて、直接ドラッグで移動やコピーができます。


 メニューは詳しく載っており、初めてでもそのファイルがどんな働きをするのかおおよそ察しがつきます。

□ I・OのCBUSB2.0が自動で認識された

 Linuxにした場合に気になっていたこと、それはこのPCのUSBは1.1であることでした。まさか、このカードが自動で認識されるとは思ってもいなかったので、この時点でLinuxに切り替えることを決めました。mp4等の大きなファイルも大して待つことはありません。

□ ブラウザは「Sea Monky」、使いやすく軽く動きます。

 インターネットへは自動でつながりました。現在は、ランケーブルで接続していますが、いずれ無線LANで試みたいと思います。

 動画関係は、Gyaoを除いて閲覧できます

□ メーラーも、「Sea Monky」、アカウントの設定も簡単

□ Officeは、文章作成が「abiword」、表計算が「Gnumeric」です。日本語入力は「Arcthy」

 どれも使いやすく、基本的なことはできます。WordにもExcelにもそれぞれ対応しています。l

 これからいろいろかまって調べてみたいと思います。また、退屈しのぎができます。