PCあれこれ

やはり対策を 05/22/2018

 Linux機にはなくてもいいか、と思っていたアンチウイルスソフト、適当なものを見つけられなかったこともあり、放置していました。しかし、ウエブで調べてみると当然被害がゼロというわけではありません。こんな記事も載っています。

 Linuxに感染するウイルスは以前から存在していますので、「ウイルスに感染しないから」という理由でLinuxを使用している場合は認識を改める必要があります。ただ、Linuxを狙うウイルスは数が少ないため、感染しないと思われがちなことも確か。数が少ない理由のひとつに、単純にクライアントとして使用するユーザーが少ないことが挙げられます。最近のウイルスは、ランサムウェアなど金銭目的のものが多く、より金銭を得るために攻撃者はユーザーの多いOSを狙う方が効果的なのです。

 クライアントはユーザー数が少ないことからウイルスの発生件数も少ないですが、効率のいい攻撃手法が確立されれば攻撃が増加する可能性もあります。また、サーバーに対してはウイルスよりも脆弱性を狙う攻撃が多くなっていますので、その対策は必須です。

 そこで、無料で定評のあるソフト、しかもインストールが簡単な(ここが肝心)ものを探しました。そこで見つけたのが次のソフトです。

□ Comodo Antivirus for Linux(CAVL)

 以下その概要です。

 Windowsソフトウェアと同じ優れたウイルス保護機能を提供し、完全に構成可能なスパム対策システムを追加しています。

 オンアクセスとオンデマンドウイルススキャナを特長とするCAVLは、未知のファイルのクラウドベースの動作解析を使用して、ゼロデイマルウェアに対する比類のない保護を提供します。 強力なAVエンジンは、スパムをフィルタリングし、電子メールによる脅威をブロックする高度に設定可能なメールゲートウェイによって補完されます

*プロアクティブなAV保護により、既知の脅威がすべて傍受される

・最新のウイルス対策の自動アップデート

・ スキャンスケジューラ、詳細なイベントビューア、カスタムスキャンプロファイルが含まれます。

・メールフィルタはPostfix、qmail、Sendmail、Exim MTAと互換性があります

・インストールして忘れてください。 迷惑な誤った警告はなく、ただの堅牢なウイルス対策です。

*Linuxベースのコンピュータ用の強力なアンチウイルスおよび電子メールフィルタリングソフトウェア

・Linuxベースのラップトップやデスクトップからウイルスを検出して排除する

・メールゲートウェイは電子メールによるウイルスやスパムをブロックする

・オンアクセス、オンデマンド、クラウドベースのスキャン機能

・1日に複数回更新されたウイルス定義

・使いやすい:インストールして忘れて、Comodo Antivirusはバックグラウンドであなたを守ります

 インストールし、早速スキャンをしてみました。ウイルスは0でした。


 これでやれることはやりました。これからはもっと活用することを考えていこうと思います。