リフト運搬における安全報告

荘川高原マイホームページ




且O好ゴルフ倶楽部

安全報告書

 

荘川高原スキー場

 

 29年度版

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2ペアリフト

第3ペアリフト

 

1.      スキー場ご利用の皆様へ

 

当スキー場は、経営理念の第一に、総てに優先して、安全・安心を掲げ、法令   の厳守とともに、安全輸送に努めております。

本報告書は、鉄道事業に基づき、輸送の安全確保のための取り組みや、安全の実態について、広くご理解いただくために公表するものです。

皆様の声を輸送の安全に役立てたく、積極的な意見を頂戴いただければ幸いです。

 

三好ゴルフ倶楽部  (荘川高原スキー場)

社長      茂夫

 

 

2.基本方針と安全目標

1.基本方針

        当スキー場は、「安全基本方針」を次のように掲げ、社長以下職員に周知徹底  しております。

(1)  一致協力して輸送の安全確保に努めること。

(2)  輸送の安全に関する法令及び関連する規定(本規定を含む。以下「法令等」という。)をよく理解するとともにこれを遵守し、厳正、忠実に職務を遂行すること。

(3)  常に輸送の安全に関する状況を理解するよう努めること。

(4)  職務の実施に当たり、推測に頼らず確認の励行に努め、疑義のある時は最も安全と思われる取扱いをすること。

(5)  事故・災害等が発生したときは、人命救助を最優先に行動し、速やかに安全適切な処置をとること。

(6)  情報は漏れなく迅速、正確に伝え、透明性を確保すること。

(7)  常に問題意識を持ち、必要な変革に取り組むよう努めること。

 

 

 

 

 

2.安全目標

        当スキー場の経営理念は、総てに優先して安全・安心・無事故です。索道事故及びインシデントを発生させないことが、スキー場の目標です。今後も、毎日の点検で事故の芽を未然に防ぐよう取り組んでいきます。

3.事故等の発生状況とその再発防止措置

 

(1)  索道事故及びインシデント〔事故の兆候〕

平成28年度、索道運転事故は発生していません。

(2)  災害(地震や暴風雨、豪雨)

平成28年度、災害による運転停止はありませんでした。

(3)  行政指導等

平成28年度、行政指導等はありませんでした。

 

 

4.輸送の安全確保のための取り組み

 

(1)  教育・訓練

当スキー場では、事故等を想定した救助訓練を、リフトにおいて毎年行っております。

(2)  事故防止委員会

当スキー場では、営業期間中、毎年1回、事故防止委員会を開催し、安全統括管理者・索道技術管理者・索道技術管理員等が出席し、各索道の定期点検結果報告や事故、トラブルの再発防止対策等について会議をし、事故を未然に防ぐ努力をしています。

(3)  安全のための投資

平成29年度の整備・交換

1.第2ペアリフト

              ・鋼索切詰め

              ・脱検抵抗器交換

              脱険ピン交換

              ・原動滑車制動装置調整

              ・ASモーターブラシ交換

              2.第3ペアリフト

              ・脱険ピン交換

              ・搬器タング交換

      ・制動装置調整

その他、第2、第3ペアリフト共に握索機分解整備や滑車交換、油補充なども毎年行っております。



 





安全確保に関する体制図